【8大共通ポイント比較】ポイントカードの種類多すぎ…おすすめはどれ?

【8大共通ポイント比較】ポイントカードの種類多すぎ…おすすめはどれ?

「〇〇ポイントが貯まります!」
「ポイントカードはお持ちですか?」

コンビニやネット・ショッピングモールなどでお買い物すると、必ず目にする「ポイント」

共通ポイントとは、多様の提携先での支払いなどによってポイントが貯まる仕組みを指す言葉です。

1つのお店だけで貯められるポイントとは異なり、さまざまな店舗やサービスを利用することによりポイントが貯められるので、共通ポイントを貯めたい方は多いですよね。

ですが、共通ポイントは種類が多く、

どのポイントを貯めればいいの…?
ポイントカードってどれがおすすめ?

このように「どのポイントを貯めていいのかわからない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

人気の8大共通ポイントについてまとめてみました!

この記事では、取扱店舗やサービスが多くシェア率の高い「8大共通ポイント」それぞれの特徴や貯め方を紹介します。

目次

8大共通ポイント比較表

下記は「8大共通ポイントサービス」の比較表です。

Tポイント Ponta
ポイント
Rakuten
スーパーポイント
nanaco
ポイント
dポイント WAON
ポイント
LINE
ポイント
WebMoney
電子マネーとの連携 T-MONEY なし 楽天edy nanaco ID
d払いなど
WAON なし auwallet
クレジットカード連携 あり あり あり あり あり あり なし なし
運営会社 CCC ロイヤリティーマーケティング 楽天 セブン&アイホールディングス NTTドコモ イオン LINE ウェブマネー
ユーザー数 (人) 約6700万 約8700万 約9500万 約5900万 約6400万 約6600万 約8900万 約580万
使える店舗
サービス
TSUTAYA , 蔦屋書店 , Yahoo!各種サービス , ファミリーマートなど ローソン , じゃらん , 昭和シェル石油 , ゲオ , ホットペッパーサービス各種など 楽天グループ各種サービス , マクドナルド , ツルハドラッグ , ビックカメラなど セブンイレブン , サンドラッグ , ゆめタウン , イトーヨーカドウ , 西武・そごうなど ドコモ各種サービス , ローソン , マクドナルド , マツモトキヨシ , イオンシネマなど イオン , ダイエー , マックスバリュー , ファミリーマートなど LINE内の各種サービスや電子ギフト券など オンラインゲーム , オールナイトニッポン , レコチョク , comicoなど

これよりポイントの特徴をそれぞれ詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

Tポイント

Tポイント

Tポイントとは、CCC(カルチャー・コンビニエンス・クラブ)が運営するポイントサービスです。
ファミリーマート・Yahoo!JAPAN・TSUTAYAなど、様々な企業と提携をしたポイントサービスを展開しています。

Tポイントが使える店舗例

Tポイントが使える店舗は「TSUTAYA」「蔦屋書店」「Yahoo!各種サービス」「ファミリーマート」などがあります。

連携している電子マネー

Tポイントは「T-MONEY」という電子マネーも同時に展開しています。
貯めたTポイントをT-MONEYにチャージすることで、店頭などでのお買い物の支払いに使えます。

Tポイントの貯め方(ポイント二重取り/クレカ連携)

主なポイントの貯め方としては、お買い物やサービスの支払い時にポイントカードを提示することで貯めることができます。

また「Yahoo!JAPANカード」や「ファミマTカード」と連携しており、これらのクレジットカードを加盟店で使うと、Tポイントとクレジットカードのポイントを二重取りできます。

また、お買い物以外でもTポイントがたまるコンテンツが多数用意されています。

Tポイントはこんな人におすすめ

Tポイントがおすすめできる人は、提携サービスを頻繁に利用している人です。
Yahoo!JAPANやファミリーマートなどで、よくお買い物やサービス利用している人におすすめです。

Pontaポイント

Pontaポイント

Pontaポイントとは、三菱商事の関連会社でもある株式会社ロイヤリティマーケティングが展開するポイントサービスです。
Pontaポイント以前にあったローソン・昭和シェル石油・ゲオのポイントカードをPontaポイントに移行させる形で発展しました。

Pontaポイントが使える店舗例

Pontaポイントが使える店舗として「ローソン」「じゃらん」「昭和シェル石油」「ゲオ」「ホットペッパーサービス各種」などがあります。

連携している電子マネー

Pontaポイントが連携している電子マネーはありませんが、Pontaポイント自体がそのほかの各種ポイントサービスに交換可能となっています。
交換先には「dポイント」や「LINEポイント」「JALマイレージバンク」などがあります。

Pontaポイントの貯め方(ポイント二重取り/クレカ連携)

Pontaポイントの貯め方は、主に提携店でのお買い物やサービスを利用に応じて貯めることができます。

また「ローソンPontaカード」といったクレジット機能付きポイントカードもあり、連携することでPontaポイントを二重取りすることも可能です。

Pontaポイントはこんな人におすすめ

Pontaポイントがおすすめな人としては、ローソンを頻繁に使う人です。
また、Pontaポイントを交換できるポイントサービスを使っている人にもおすすめです。

Rakutenスーパーポイント

Rakutenスーパーポイント

Rakutenスーパーポイントとは、楽天が運営するポイントサービスです。
楽天が展開する各種サービスで貯める・利用することが可能です。
また、楽天ポイントカードの加盟店でも利用できます。

Rakutenスーパーポイントが使える店舗例

Rakutenスーパーポイントが使える店舗として「楽天グループ各種サービス」「マクドナルド」「ツルハドラッグ」「ビックカメラ」などがあります。

連携している電子マネー

Rakutenスーパーポイントは「楽天edy」と連携しており、貯めたポイントを楽天edyにチャージして利用できます。

楽天ポイントの貯め方(ポイント二重取り/クレカ連携)

楽天の各種サービスを利用したり、加盟店の利用でポイントがたまります。
また、クレジットカードの「楽天カード」と連携することで、さらに多くのポイントがたまります。

Rakutenスーパーポイントこんな人におすすめ

Rakutenスーパーポイントがおすすめな人は「楽天市場」などのサービスをよく使っていて「楽天カード」を持っている人です。とにかくポイントがよく貯まることでも知られおり、楽天を中心に利用することで効率的にポイントがたまる仕組みとなっています。

nanacoポイント

nanacoポイント

nanacoポイントとは、株式会社セブン&アイホールディングスが運営するポイントサービスです。
セブンイレブンをはじめとするグループ内外の加盟店で利用できます。

nanacoポイントが使える店舗例

nanacoポイントが使えるお店は「セブンイレブン」「サンドラッグ」「ゆめタウン」「イトーヨーカドー」「西武・そごう」などがあります。

連携している電子マネー

nanacoはポイントカードであると同時に電子マネーでもあります。
そのため、nanacoポイントをチャージして電子マネーとして使うこともできます。

Nanacoポイントの貯め方(ポイント二重取り/クレカ連携)

nanacoポイント加盟店でのお買い物、サービス利用でポイントがたまります。
さらにクレジットカードの「セブンカード・プラス」を利用すれば、ポイントの二重取りも可能です。

nanacoポイントはこんな人におすすめ

nanacoポイントがおすすめな人とは、セブンイレブンやイトーヨーカドーを頻繁に利用する人です。
規模も大きく加盟店数も多いので、ポイントを貯めやすいです。

dポイント

dポイント

dポイントとは、NTTドコモが運営しているポイントプログラムです。
利用を始めるには必ずしもドコモユーザーである必要はなく、誰でもポイントを貯めることができます。

dポイントが使える店舗例

dポイントが使えるお店は「ドコモ各種サービス」「ローソン」「マクドナルド」「マツモトキヨシ」「イオンシネマ」などがあります。

連携している電子マネー

連携している電子マネーとしては「iD」があげられます。
dポイントからiDキャッシュバックに交換することで、ポイントを利用できます。

また「スターバックスカード」「ドトールバリュカード」にも対応しており、スマホ決済サービスの「d払い」でも使えます。

dポイントの貯め方(ポイント二重取り/クレカ連携)

dポイントは、クレジットカードの「dカード」と連携しています。
ポイントの二重取りも可能です。

dポイントはこんな人におすすめ

dポイントをおすすめできる人は、ドコモユーザーです。dカードでスマホ料金を支払うだけでもかなりのポイントがたまります。

ドコモユーザー以外でも、上記であげた関連サービスをよく利用する人にもおすすめです。

WAONポイント

WAONポイント

WAONポイントはイオングループが展開しているポイントサービスです。
ポイントプログラムと電子マネーの両方を提供しています。

WAONポイントが使える店舗例

WAONポイントが使える店舗としては「イオン」「ダイエー」「マックスバリュー」「ファミリーマート」などがあります。

連携している電子マネー

WAONポイントは電子マネーの「WAON」と連携しており、貯めたポイントを電子マネーにチャージできます。

WAONポイントの貯め方(ポイント二重取り/クレカ連携)

WAONポイント加盟店での支払いによってポイントがたまります。
また「イオンカードセレクト」と連携することによって、ポイントの二重取りも可能となっています。

・WAONポイントをおすすめできる人はこんな人
WAONポイントがおすすめなのは、「イオン」を頻繁に利用する人です。主に主婦の方などに人気のポイントサービスです。スーパーなど日常的にイオングループのお店に行く人にとってはお得です。

LINEポイント

LINEポイント

LINEポイントとは、メッセージアプリを中心に展開している「LINE」が運営しているポイントサービスです。

LINEポイントが使える店舗例

LINEポイントが使えるのは、LINE内の各種サービスや電子ギフト券などです。

連携している電子マネー

LINEポイントは「LINEPay」と連携しており、ポイントをチャージすることで利用できます。

LINEポイントの貯め方(ポイント二重取り/クレカ連携)

LINEポイントは、LINE内の各種サービス利用やミッション達成で貯められます。
クレジットカードとの連携はありません。

LINEポイントはこんな人におすすめ

LINE内でスタンプ購入やクーポンサービス、LINEPayなどを利用している人にとってはおすすめのポイントサービスです。

WebMoney

WebMoney

WebMoneyとは、KDDIの子会社でもある「ウェブマネー」が運営する電子決済サービスです。
ポイントプログラムではありません。

WebMoneyが使える店舗例

WebMoneyは「オンラインゲーム」「オールナイトニッポンi」「レコチョク」「comico」などのネットサービスで利用できます。

連携している電子マネー

連携している電子マネーは「au WALLETプリペイドカード」があります。
WebMoneyからチャージして利用できます。

WebMoneyはこんな人におすすめ

提携しているオンラインサービスをよく使っている人におすすめです。

まとめ

8大共通ポイントを比較しましたが、どのポイントがあなたに合うか整理できたでしょうか?

ポイントプログラムを選ぶ際には、

  • ポイントのたまりやすさやポイントの使い道
  • よく利用する店舗やサービスの種類
  • お持ちのクレカでポイントを二重取りできるか?など

など…これらに応じて、貯めやすいポイントプログラムを選ぶといいですね。

もちろん、ひとつのポイントプログラムに絞るのは難しく、複数のポイントプログラムに参加されている方がほとんどです。

ポイントカードが増えて財布がパンパン…

という方は、スマホアプリの「ウォレット」で管理すると便利ですよ。

「ポイントカード増えすぎ...」ポイントカードをアプリ化できるウォレット4つまとめ 「ポイントカード増えすぎ…」ポイントカードをアプリ化できるウォレット4つまとめ

是非参考にしてみてくださいね。