おサイフケータイと〇〇Payの違いって?どっちを使うべき?を徹底的に解説

おサイフケータイと〇〇Payの違いって?どっちを使うべき?を徹底的に解説

スマホで決済する方法は主に、

  • “〇〇Pay”と呼ばれるQRコード決済
  • 以前から使われている”おサイフケータイ”

上記の2種類が存在しています。

最近PayPay種類が多くてわかりにくい上、おサイフケータイとどう違うのかわかんないよ…。
結局どっちを使うべきなの?

こんなふうに思っている方はいらっしゃいませんか?

この記事では、おサイフケータイと〇〇Pay(QRコード決済・アプリ決済)の違いを具体的な例を交えて詳しく解説していきます!

キャッシュレス決済化時代に向けてしっかり理解し、お得に使いこなしていきましょう。

おサイフケータイと〇〇Payの違い

おサイフケータイと〇〇Payの違い

おサイフケータイと〇〇Payの違いをまずは解説しますね。

おサイフケータイとは?

おサイフケータイを簡単に紹介すると、スマホやフィーチャーフォンにあらかじめ搭載されたFeliCaチップを利用して決済する方法です。

電子マネーとして決済するので、楽天EdyやSuica・nanacoなどの電子マネーを利用できます。

おサイフケータイを利用するための条件は次の通りです。

  • お持ちのスマホやフィーチャーフォンにFeliCaチップが搭載されている
  • 使いたい電子マネーのアプリがインストールされている
  • 使用予定の電子マネーが決済を行う店舗側で扱われている

スマホやフィーチャーフォンにFeliCaチップが搭載されていない場合や、何らかの理由で電子マネーのアプリがインストールできない場合はおサイフケータイを利用できません。

なお、1台のスマホやフィーチャーフォンに、複数の電子マネーのアプリをインストールすることもできるので、複数の電子マネーを併用したい場合は携帯で管理できるので便利です。

電子マネーはどれがいい?基礎知識〜おすすめ電子マネー6ブランドまとめ 電子マネーはどれがいい?基礎知識〜おすすめ電子マネー6ブランドまとめ

決済方法は、支払いの際に、使用する予定の電子マネーの種類を店員に告げ、カードリーダーにタッチするだけです。

おサイフケータイは「携帯端末で使える電子マネー決済」と覚えておくといいかもしれません。

〇〇Pay(QRコード決済・アプリ決済)とは?

携帯端末で決済ができるキャッシュレス決済の種類として近頃乱立している「〇〇Pay」があげられます。
これらは、QRコード決済やアプリで決済ができるサービスです。

〇〇Payには、

  • おサイフケータイで利用されている電子マネーとオンライン決済を統合したApple PayやGoogle Pay
  • QRコード決済がメインの楽天ペイやPayPay

などがあります。

いずれも便利な決済手段なので、ぜひ活用してみてくださいね。

特にQRコード決済は今後さまざまな店舗に急速に広がっていくことが予想されるので、おすすめの決済手段です。
もちろん、1台のスマホで複数の決済手段を利用することもできますよ。

スポンサーリンク

おサイフケータイも〇〇Payもスマホ決済システム

おサイフケータイも〇〇Payもスマホ決済システム

前述の通り、おサイフケータイも〇〇Payもスマホを利用した決済システムです。

そのため、決済をスマホ1台で済ませられるという大きなメリットがあります。

これまで、電子マネーなどのキャッシュレス決済を複数利用しようと思った場合、複数のカードを所持しなければならなかったものの、おサイフケータイや〇〇Payを利用すればスマホ1台にまとめられるので便利に使えるでしょう。

後述しますが、FeliCa(おサイフケータイ)非対応のスマホやフィーチャーフォンでも決済できるのも大きな魅力です。

1台のスマホにまとめることによって財布がパンパンになることもありませんし、管理もしやすくなります。
紛失リスクや盗難リスクを減らせるのも大きなメリットといえますよね。

おサイフケータイはFeliCaを利用して決済する

おサイフケータイはNFC(Near Field Communication)という近距離無線通信規格を利用して決済を行います。
NFCの中でもFeliCa(NFC-Type F)と呼ばれるものに対応していないと利用できないのでご注意くださいね。

FeliCaはソニーが開発した日本独自規格なので、基本的に国内で販売されているスマホにしか搭載されていません。

FeliCa非対応のスマホでもQRコード決済は利用できる

〇〇Payとして知られる決済手段には、QRコード決済やオンライン決済が搭載されているものがあります。
これらの決済手段を利用する場合はスマホがFeliCaに対応している必要はなく、アプリがインストールできればOKです。

そのため、手持ちのスマホがFeliCaに対応していない方は、これらの決済手段を利用しましょう。

おすすめのおサイフケータイ

続いて、代表的なおサイフケータイを紹介します。
シェア率が高い代表的なおサイフケータイは大手が運営しているため参入店舗が多く、また、安心でおすすめですよ。

おサイフケータイはスマホに電子マネーアプリをインストールして使う決済です。
ここではおサイフケータイで使える電子マネーについて紹介しますね。

楽天Edy

楽天Edy

楽天Edyは楽天が運営している電子マネーで、加盟店が多くさまざまな店舗で使えるのでおすすめです。

利用する際は楽天Edyのアプリをスマホにインストールし、初期設定をしましょう。
普段使っている楽天アカウントに紐付ければ、ポイントを貯めやすくなるのでおすすめです。

さらに、楽天カードを介してチャージすると、チャージ時のポイントと楽天Edy利用時のポイントが2重に付与されるため、かなりお得にポイントを貯めることができます。

nanacoモバイル

nanaco

nanacoはセブン&アイグループが発行する電子マネーで、主にセブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループの小売店で利用できます。

他にもマクドナルドやビックカメラでも利用できるので、セブン&アイグループの店舗をよく利用するなら準備しておいて損はないでしょう。

ポイント還元率は加盟店によって異なり、1%(100円につき1ポイント)か0.5%(200円につき1ポイント)のものが多くなっています。

モバイルSuica

Suica

モバイルSuicaは、JR東日本が発行するSuicaの機能を搭載したスマホアプリです。
カードタイプのSuicaと同様に鉄道やバスの運賃支払いや加盟店での買い物に利用できます。

モバイルSuicaは定期券や特急券にも対応しているため、JR東日本の鉄道路線をよく利用する人におすすめです。
なお、年会費が1,030円かかるので注意が必要です(2020年6月に無料化する予定)。

注意
Apple PayやGoogle PayでもSuicaを利用できますが、モバイルSuicaとは仕様が多少異なるのでご注意ください

モバイルWAON

WAON

WAONはイオングループが提供している電子マネーで、イオンやダイエーなどを利用する人におすすめです。

モバイルWAONを利用する場合は専用の「モバイルWAONアプリ」をインストールし、初期設定を行ってください。
その後、加盟店で支払う際に「WAON払い」と伝えた後にリーダーにタッチすれば決済完了です。

iD

iD

iDはNTTドコモが開発した電子マネーなので、ドコモで販売されたスマホにはあらかじめ搭載されています。
ドコモで販売されたスマホ以外でiDを利用したい場合は、専用アプリをダウンロードしてくださいね。

iDは基本的にポストペイ(後払い)型電子マネーなので、あらかじめチャージするのがめんどくさいと感じる人や残高管理の手間を掛けずに使いたい人におすすめです。

利用する際はアプリをインストールし、登録するクレジットカードの情報を入力してください。
クレジットカードの登録が完了すれば利用可能になります。

なお、iDに対応している有名なクレジットカードには、三井住友カード・dカード・イオンカード・ライフカードなどがあります。

電子マネーはどれがいい?基礎知識〜おすすめ電子マネー6ブランドまとめ 電子マネーはどれがいい?基礎知識〜おすすめ電子マネー6ブランドまとめ

おすすめの〇〇Pay

続いて〇〇Payと呼ばれる決済手段についてチェックしていきましょう。
シェア率が高く、使える店舗が多い「〇〇Pay」には次のようなものがあります。

PayPay

PayPay

20%還元キャンペーンなどで有名になったPayPayも便利なスマホ決済です。
コンビニや家電量販店などの有名店舗はもちろん、個人商店でも積極的に導入しているので、今後ますます加盟店が増えていくでしょう。

PayPayはプリペイド式の決済手段で、利用するためには銀行口座かクレジットカード(VISAまたはMasterCard・Yahoo! JAPANカードのみ)を登録してチャージしなければなりません。

利用方法は店員に「PayPay払い」と伝えてQRコードを読み取り、決済手続きを行います。

楽天ペイ

楽天ペイ

楽天ペイは楽天が提供しているQRコード決済およびオンライン決済です。
FeliCaに対応していないスマホでも問題なく使えるのが大きなメリットです。

楽天ペイを利用する場合はアプリをダウンロードし、初期設定を行ってクレジットカードを登録しましょう。
支払い時に楽天ペイ決済と伝え、QRコードを読み取れば決済完了です。

なお、登録するクレジットカードを楽天カードにすると楽天ポイントがどんどん貯まるのでよりお得に利用できます。

Apple PayとGoogle Pay

applepayとgooglepay

iPhoneで使えるApple PayとAndroidスマホで使えるGoogle Payは、〇〇Payと呼ばれる決済手段で最も有名なスマホ決済の1つです。

店舗での決済でこれらの決済手段を利用する場合は、あらかじめ電子マネーを登録して使います。

Apple Pay Google Pay
対応デバイス オンライン決済:iPhone6以降
電子マネー決済:iPhone7以降
Android 5.0以上
おサイフケータイ対応機種
対応電子マネー Suica・iD・QUICPay など Suica・nanaco・楽天Edy・WAON・QUICPay など

特にSuicaはモバイルSuicaの年会費を支払わずに利用できるので、とてもおすすめですよ。

さらに、クレジットカード情報を登録することで対応サイトでのオンライン決済にも使えるので、さまざまな場面で幅広く使えるでしょう。

おサイフケータイと〇〇Payの違い

こうしてみていくと、おサイフケータイと〇〇Payには違いがあることがわかりましたよね。
それぞれの違いを整理しますね。

決済方法が異なる

おサイフケータイ

携帯端末に電子マネーを搭載したものなので、支払いはあくまでも電子マネーで行われます。
そのため、利用できる店舗は使いたい電子マネーに対応している店舗となります。

また、電子マネーごとにアプリが独立しているので、使いたい電子マネーのアプリをインストールしておかなければなりません。

〇〇Pay

一方の〇〇Payにはさまざまな決済手段があり、Apple PayやGoogle Payのように電子マネーにオンライン決済を搭載したものや、楽天ペイやPayPayのようにQRコード決済を利用するものなどがあります。

また、複数の決済手段を1つのアプリで利用できるものもあるので、おサイフケータイに比べて利便性がいいといえるでしょう。
個人商店などの小型店舗でも導入しているところがあり、幅広い店舗で使えるのも大きなメリットです。

〇〇Payの方が幅広いスマホで利用できる

おサイフケータイ

おサイフケータイはスマホにFeliCaチップが搭載されていなければ利用できないため、対応しているスマホが限られます。

〇〇Pay

一方の〇〇PayはスマホでQRコードを読み取ったり、スマホに表示されたバーコードを読み取って決済するものが多いので多くのスマホで利用できて便利です。

ただし、Apple PayやGoogle PayでSuicaや楽天Edyを使う場合はFeliCaチップを搭載しているスマホに限られるので注意が必要です。

オンライン決済やQRコード決済を利用する場合は、基本的にアプリがインストールできればどのスマホでも使えます。

おサイフケータイと〇〇Payの違いまとめ

この記事ではおサイフケータイと〇〇Payの違いをまとめました。

おサイフケータイはFeliCaを利用した非接触IC決済、〇〇PayはQRコード決済やオンライン決済がメインなので、それぞれに特徴があることがわかりましたよね。

つまり、それぞれの決済方法にメリット・デメリットがあり、

  • 使用しているスマホのNFC対応状況
  • 使いたい決済方法
  • 利用する店舗の電子マネー対応状況

あなたの利用しているスマホや、貯めたいポイントなど…それぞれに応じて最適なサービスを選ぶ必要があります。

是非利用環境に応じて、あなたのお得になる決済方法を模索してみてくださいね。